2012年07月25日

「ブルガリア人歌手の実力と活躍ぶりについて」[ソフィア国立歌劇場]

岸 純信(オペラ研究家)

 ブルガリアのソフィア歌劇場への出張が決まり、資料の一つとして、音源や映像で知る往年の名手から実演に接した現役のスターまで同国出身の歌手勢をリストアップしてみた。すると、あっという間にA4の紙が埋まってしまった。人口750万といえばスイスと同規模、チェコやポルトガル(約1千万人)よりも小さな国である。そのブルガリアがここまで名歌手を輩出しているとは!
 例えば、かのマリア・カラスと共演したメゾソプラノ、エレーナ・ニコライや、《サロメ》で絶賛されたソプラノのリューバ・ヴェリッチ、《タンホイザー》でバイロイト収録の映像を残す美男テノール、スパス・ヴェンコフなど書き始めれば筆が止まらない。でも、ボリス・クリストフはやはり別格の存在のよう。
1.jpg
<左から:エレーナ・ニコライ、リューバ・ヴェリッチ、スパス・ヴェンコフ、ボリス・クリストフ>

「彼が亡くなった時、ブルガリア正教会のアレクサンドル・ネフスキー大聖堂でお葬式がありました。国葬レベルでした」
2jwtgu.jpg
<アレクサンドル・ネフスキー大聖堂>

 そう教えてくれたのが通訳のソーニャ嬢である。クリストフといえば唸り入りの声音で名を轟かせた大バスであり、今もブルガリアの人々の誇りであるという。彼の後も、悲愴感溢れる響きのニコライ・ギャウロフや舞台姿が際立つニコラ・ギュゼレフといった往年の名手たちから、いまや欧米で大活躍中のオルリン・アナスタソフ(まだ30代半ば!)まで、低く逞しい美声はブルガリアの特産なのである。
 その一方で、世界の桧舞台を制覇した大ソプラノも忘れてはならない。日本のファンにもお馴染みの美女ライナ・カバイヴァンスカ、暗めの声音で安定感ある歌唱を披露したアンナ・トモワ=シントウ、マクベス夫人やトゥーランドットなど劇的な役柄で一世を風靡した猛女ゲーナ・ディミトローヴァなど挙げればきりが無く、近年では滑らかな歌いぶりが光るクラッシミラ・ストヤノヴァが第一線で活躍中である。また、メゾでは深々と響く美声で世界的な人気を得るヴェッセリーナ・カサロヴァが代表格になるだろう。
2.jpg
<左から:ニコラ・ギュゼレフ、オルリン・アナスタソフ、ライナ・カバイヴァンスカ>
3.jpg
<左から:アンナ・トモワ=シントウ、ゲーナ・ディミトローヴァ、ヴェッセリーナ・カサロヴァ>

 ここでソフィア歌劇場の現在の花形スターも紹介しておこう。まずは、剛毅な響きのテノール、マルティン・イリエフを。《ノルマ》のポリオーネから《トスカ》のカヴァラドッシまで英雄的な太い声音で歌い上げる名歌手である。そしてバリトンのビセル・ゲオルギエフ。伸びの良い美声とマッチョな体格で男の色気を醸し出す逸材である。
 また、この二人に加えて、劇場の層の厚みを証明する面々にも触れておきたい。まずは《トスカ》のアンジェロッティ役、バスのアンゲル・フリストフを。実に颯爽たる歌いぶりで慎重に耳を欹てていたら、ソーニャ嬢曰く「先日の《ドン・カルロ》では王様役に選ばれていました」とのこと。そして、《アッティラ》の脇役ウルディーノを演じたテノール、プラーメン・パパジコフも。ほんの一言ふたことでも場面をぴりっと引き締める力量に注目したら、ソーニャ嬢が「この前《ジークフリート》でミーメに抜擢されました!」と教えてくれた。才能豊かな若手たちが道を拓く姿を目の当たりにしたようで、こちらも嬉しくなった。
4.jpg
<左から:マルティン・イリエフ、ビセル・ゲオルギエフ、アンゲル・フリストフ>



ソフィア国立歌劇場

 《マスカーニ:カヴァレリア・ルスティカーナ
       プッチーニ:ジャンニ・スキッキ》
 □11月4日(日) 15:00 よこすか芸術劇場
 □11月11日(日) 17:00 千葉県文化会館
 □11月15日(木) 18:30 東京文化会館

 《プッチーニ:トスカ》
 □11月3日(土) 15:00 川口総合文化センター・リリア
 □11月17日(土) 14:00 東京文化会館
 □11月18日(日) 14:00 東京文化会館

公演の詳細はこちらから
posted by Japan Arts at 14:53 | ソフィア国立歌劇場>NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現地ソフィアで佐藤しのぶ主演の「トスカ」!

2012年6月29日にブルガリアのソフィア国立歌劇場にて、佐藤しのぶ主演の「トスカ」が上演されました。
512.jpg
毅然として美しいトスカを迫真の演技で歌い上げた佐藤しのぶは、オペラ歌手であるとともに、舞台人としての稀有な資質をしめし、満場の聴衆から熱い拍手が贈られました。
演出は、スピーディでまさにスリリングな展開!
そして、最後は衝撃的な結末が、、、。ヨーロッパでも高い評価を得た舞台で、ソフィア国立歌劇場の総裁であるプラーメン・カルターロフの自信作です。

ソフィア国立歌劇場「トスカ」
演出:プラーメン・カルターロフ / 指揮:アレッサンドロ・サンジョルジ
トスカ:佐藤しのぶ
カヴァラドッシ:マルティン・イリエフ
スカルピア:ビッセル・ゲオルギエフ
アンジェロッティ:アンゲル・フリストフ

PHOTO VIKCTOR  VICTOROV (34).jpg

舞台の天井を覆うような大きな十字架は迫力満点で、この十字架が全ての重要な場面での鍵を握ることになります。

032.jpg
カヴァラドッシ役のマルティン・イリエフは、全編を通じて朗々と歌い上げる声のドラマティックテナーです。政治の理想に燃える志の高い、そしてトスカを愛する心優しいカヴァラドッシを好演しました。

PHOTO VICTOR VICTOROV (34).jpg
ローマカソリックの賛美歌「テ・デウム」のシーンの演出効果は見事で、カルターロフ演出の見せ所です。奥からローマ市民や、ローマ司教などが現れて、フォーメーションを縦横に変えつつ「テ・デウム」を歌い上げます。
堂々たる合唱とスカルピアの不気味な決意の歌唱は見ごたえ&聴きごたえもあり、さすがに声の王国ブルガリアの底力を感じさせられました。

469.jpg
 第二幕のスカルピアの宮殿で、トスカがカヴァラドッシの赦免をスカルピアに乞う場面は、実に劇的でスピーディに物語が進行します。
スカルピアが情欲全開でトスカに迫る場面では、トスカが抗いつつ、拒みつつも果敢に挑んでいく様は、緊迫感に溢れ、観るものに息つく間を与えないほどでした。
 トスカが絶望に打ちひしがれ、神に不条理を訴え、救いを求める「歌に生き、恋に生き」では、顔の表情はもちろん、指先にまで神経が行き渡り、まさに佐藤しのぶはトスカそのもので、複雑な心情が投影された歌唱には胸がしめつけられました。
アリアの後は会場からブラボーがでて、長い拍手が続きました。

627.jpg
 そして、第3幕。重い鎖に繋がれ、瀕死に近い状態のカヴァラドッシ。そこに、「スカルピアから通行証を得た」と白いスカーフをまとったトスカが、喜びを満面に表れるが、それとは対比的に、カヴァラドッシが「そんなにうまく事が進むわけがない」という一瞬の表情まで、演技が行き届き、まさにヴェリズモオペラを感じました。

597.jpg
 そして、偽の処刑は本物となり、命を落とすカヴァラドッシ。それに気がついて動転するトスカ。
クライマックスでは、天井から血の色になった十字架が床に覆いかぶさるように傾き、、、、衝撃的な結末へ、、、

 

カーテンコールではスタンディングオベーションでした。
日本公演は11月です。
どうぞお楽しみに!



ソフィア国立歌劇場

 《マスカーニ:カヴァレリア・ルスティカーナ
       プッチーニ:ジャンニ・スキッキ》
 □11月4日(日) 15:00 よこすか芸術劇場
 □11月11日(日) 17:00 千葉県文化会館
 □11月15日(木) 18:30 東京文化会館

 《プッチーニ:トスカ》
 □11月3日(土) 15:00 川口総合文化センター・リリア
 □11月17日(土) 14:00 東京文化会館
 □11月18日(日) 14:00 東京文化会館

公演の詳細はこちらから
posted by Japan Arts at 10:16 | ソフィア国立歌劇場>レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

バラと様々な教会や遺跡のある街“ブルガリア”

ブルガリアと言えば『バラ』。
日本でも“ブルガリアン・ローズ”と言われ、その癒やしの香りで女性に大人気ですね。
AxKlsTeCQAAViIJ.jpg
ブルガリアではバラの谷で、5月〜6月中旬は美しく咲き誇ります。
クレオパトラやフランス皇妃ジョセフィーヌも愛したダマスクローズは世界最高のバラの品種でブルガリア産!ローズウォーターやオイルの原料です。

193rp.jpg
この美しい季節には日本のTV局も数社が、取材に。
スタッフが泊まったホテルのすぐ裏手にはローマ時代の遺跡や教会があったりと、美しい情緒あふれる街。その中に神殿のような歌劇場があります。

さて、ソフィアの街にはスレンダーな美女がいっぱい!その女子力、というよりオンナ度の高さには驚くばかり。石畳をものともしないピンヒールやウエッジソールサンダルで闊歩するソフィアっ子たち。
そのスリム体型は薔薇とヨーグルトのお蔭?と思いきややはりそんな簡単な道はなく…地道にダイエットに勤しんでいるとのこと。ちなみに石畳にもめげずステキな靴を履いてる人が多いと書きましたが、とにかく靴屋さんも多い!証拠写真がないのが残念!

jwtgu.jpg

まずは劇場のすぐ裏、アレクサンドル・ネフスキー寺院、60mもの高さの金色のドームらからなるブルガリアで最も美しいと言われる寺院です。

mrwcuj.jpg
そしてアレクサンドル・ネフスキー寺院の隣には、同じくソフィア国立歌劇場から徒歩1分の場所にある聖ソフィア教会。“ソフィア”の都市名の由来となったと言われる赤レンガの美しい教会です。

ed4fv.jpg
こちらは劇場から徒歩2分の場所にある聖ニコライ・ロシア教会。100年ほど前に建てられたロシア正教の教会です。(先の聖ソフィア教会は6世紀に建てられその後復元されたもの。すぐ近くにはさらに古い教会も!)



ソフィア国立歌劇場

 《マスカーニ:カヴァレリア・ルスティカーナ
       プッチーニ:ジャンニ・スキッキ》

 □11月4日(日) 15:00 よこすか芸術劇場
 □11月11日(日) 17:00 千葉県文化会館
 □11月15日(木) 18:30 東京文化会館

 《プッチーニ:トスカ》
 □11月3日(土) 15:00 川口総合文化センター・リリア
 □11月17日(土) 14:00 東京文化会館
 □11月18日(日) 14:00 東京文化会館

公演の詳細はこちらから

posted by Japan Arts at 13:00 | ソフィア国立歌劇場>NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

美しいブルガリア テレビ番組でのご紹介

ブルガリアはトルコ、ギリシャ、マケドニア、セルビア、ルーマニアに囲まれ国境を接しています。リラの僧院、トラキア人の墳墓、ボヤナ教会をはじめ、多くの世界遺産がユネスコに登録されている魅力的な国です。
また5月から6月初旬頃はバラの美しい季節で、多くの日本のテレビ局がブルガリア入りしました。
鉄道の旅や世界遺産の番組でブルガリアが紹介されます。

◎ 7月8日(木)21:00〜21:45
鉄道・絶景の旅 BS朝日
「芸術の国・オーストリア〜ハンガリー〜ルーマニア〜ブルガリア〜文明の十字路・トルコ…」
http://www.bs-asahi.co.jp/tetsu_zekkei/sp6/

西洋から東洋へ、絶景路線で世界遺産や中世の街並の5カ国を巡るスケール感大きな旅です。

◎ 7月11日(水)22:00〜22:55
欧州鉄道の旅・ブルガリア編 BSフジ
http://www.bsfuji.tv/top/pub/eu1.html

「ブルガリアの栄光をたどる旅〜スタラ・ザゴラからヴァルナまで〜」

7月4日に放映された前編に続き、東洋と西洋の文化が交差する国・ブルガリア共和国を横断する列車旅です。
今回は、商業都市で国際電車の発着駅として有名なスタラ・ザゴラから、リゾート地で活気をみせる黒海沿岸の都市ヴァルナまでです。

◎ 9月予定
NHK世界遺産100
ブルガリアにある世界文化遺産の紹介
 http://www.nhk.or.jp/sekaiisan/s100/

◎ 10月予定
世界の名峰 グレイト・サミッツ (NHK BSプレミアム)
http://www.nhk.or.jp/greatsummits/

ブルガリア並びにバルカン半島最高峰のムサラ岳を中心にブルガリアの山岳地帯について
BSプレミアム 月曜日 午後 7:30〜

 *ブルガリアの誇る120年余りの歴史と伝統を誇るソフィア国立歌劇場の来日公演は2012年の11月に予定しています。演目は「トスカ」「カヴァレリア・ルスティカーナ」&「ジャンニ・スキッキ」です。
http://www.japanarts.co.jp/html/2012/opera/sofia/index.htm
posted by Japan Arts at 11:41 | ソフィア国立歌劇場>メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。