2010年07月27日

「椿姫」2日目の来場者インタビュー[トリノ王立歌劇場]

昨日の「椿姫」の公演では音楽家の方が多数来場していました。
音楽家から見た今回の公演について、感想を頂きました。

≪梅田俊明さん(指揮)≫
DSC_0421.JPG
デセイはデビューの頃からCDやDVDでは聴いていましたが、生は初めてでした。繊細な表現力がトラヴィアータのリアルな役柄とマッチして引き込まれました。しかもあんなに動き回って・・すごいですね。
オーケストラと歌とのアンサンブルもバランスも良く、コーラスはさらに充実していて、聴き応え見応え十分でした!

≪足立さつきさん(ソプラノ)≫
100726_212833.jpg
デセイはじめ歌手の方達、合唱団も、その歌声は、もちろんすばらしかったですが、特に感動したのは、マエストロ・ノセダ率いるオーケストラの美しいピアニシモ!歌に寄り添うような優しい情感に満ちたハーモニーに感激しました!!

≪大井剛史さん(指揮)≫
IMG_0329.JPG
デセイの自分の持ち声を生かした繊細な表現、そして、ノセダ率いるトリノのオーケストラが、それに沿うような非常に透明感のあるピアニッシモの音でヴィオレッタの心情を表現していたのが印象的でした。
「椿姫」の新しい表現の可能性を見たように思います。

≪滝千春さん(ヴァイオリン)≫
DSC_0422.JPG
歌手の皆さんが本当に素晴らしかったです。またオーケストラで一番印象的だったのは、クラリネット奏者の音色の美しさです。特にヴィオレッタのアリアのところで奏でられるソロ部分が素晴らしい音だなと思いました。
オーケストラは歌手がより引き立つように演奏をしていたのも印象的でした。それはマエストロ・ノセダが悲しい場面で出す“吐息”の様な音の「中膨らみ」がそういった効果を出すのだろうなと思いました。

≪金子三勇士さん(ピアノ)≫
DSC_0420.JPG
特に感動したのがマエストロの手の動きです。その動きそのものが音楽であり、ハーモニーになっているのですね。 歌手ともオーケストラとも全てが一体となっているところがすごいな、と感じました。マエストロのオーラに感激しています。 
歌手たちの声も素晴らしいです。あとはヨーロッパのよさが随所に出ていると感じました。僕はそういうところに敏感に反応してしまうのですが、ヨーロッパのあの独特の空気感とか雰囲気とかがたくさんあっていいな、と思いました。 本当に楽しませて頂いてます。

posted by Japan Arts at 13:25 | トリノ王立歌劇場2010>インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。