2011年02月04日

歌手インタビュー1:ピョートル・ベチャワ[メトロポリタン・オペラ(MET)]

今、ニューヨークでは、ピョートル・ベチャワが「ラ・ボエーム」で活躍中。
現地のスタッフからも、「彼は本当に素晴らしい!」と絶賛の報告が届きました。
これから随時更新していく <歌手インタビュー>のトップバッターは、ピョートル・ベチャワ。
今回は、「ラ・ボエーム」そして「ランメルモールのルチア」で2度目の来日を果たします!
Beczala__Piotr_2.jpg

Q:METで歌い始めていくつめのシーズンを迎えていらっしゃいますか?
A:
今回で5シーズン目です。

Q:これまでにMETではどのような役を歌いましたか?
A:私のレパートリーは、イタリア・オペラ、そしてフランス・オペラが中心になっています。私がMETデビューしたのは「リゴレット」のマントヴァ公爵役、その後、来日公演でも歌う「ランメルモールのルチア」のエドガルド役、「エフゲニー・オネーギン」のレンスキー役、そしてこちらも日本で歌う「ラ・ボエーム」のロドルフォ役などです。

Q:ベチャワさんのキャリアの最初は、リンツ、そしてチューリッヒの劇場・・・とヨーロッパが中心でしたね?
A:そうですね。デビューしてからしばらくは、ヨーロッパの比較的小さい劇場でキャリアを積んできました。今はヨーロッパとアメリカとの生活が半分ずつです。これは歌手としては、とても良いことだったと思います。小さな劇場で様々な経験を積み、少しずつ世界を広げていく、慎重に丁寧に進むことができたと思っています。

Q:その中で、METというオペラハウスの一番の特徴をどのように考えていますか?
A:音楽院の生徒だったころから、METで歌うというのは夢であり、憧れでした。まさか実現するとは思ったこともなかったと言っても良いと思います。METはオペラ界の頂点、オリンパス山のような存在なのですから。
METで歌い始めるまで、私は長い時間が必要でしたので、今でも信じられない気持ちになることもあります。夢がかなった(Dreams come true.)!のです。
私はこれからもMETで歌い続けていきたいと思っていますし、METが今のように最もプロフェッショナルな劇場であり続けることを願っています。
METは非常に大きな組織の劇場ですが、歌手たちをあたたかく迎え入れてくれる雰囲気があります。また、これまでに私が歌っている同じ役を、偉大な歌手たちがこれまで歌ってきたということに思いをはせると、とても名誉なことだと感じています。それは彼らが、ただ単にスターだったということだけではなく、その役を素晴らしく歌い続けてきたことへの敬意であり、と同時に、これから私の歌っている役を歌い始める歌手たちのお手本にならなくてはいけない、という責任をも感じています。
LUCIA_Beczala_as_Edgardo_0240a.jpg
<「ランメルモールのルチア」より>

Q:METは非常に大きな舞台ですが、音響やオーケストラとの関係をどのように感じていますか?
A:
まず「ラ・ボエーム」の舞台は、プロダクションそのものが、本物のパリのように大きいですよね。そのためオーケストラから少し離れて歌う必要があります。その中で自分がいかに、ロドルフォを歌いきることができるか、が大切だと思っています。ご存知のようにオペラは歌手だけではなく指揮者、オーケストラ、舞台スタッフのみんなとの共同作業が必要ですから。その点、METはすべてがプロフェッショナルで最高のレベルにありますので、彼等を信頼し、私は歌うことだけに集中できるのが素晴らしい!

Q:これまで、日本の舞台に立たれたことはありますか?
A:チューリッヒ・オペラの来日公演に参加し、「椿姫」「薔薇の騎士」の主役を歌いました。今度METとの来日が2回目になります。

Q:日本で歌われる「ラ・ボエーム」のロドルフォ役、「ランメルモールのルチア」のエドガルド役は、どのような役柄だと思っていらっしゃいますか?
A:ロドルフォ役もエドガルド役も、私のレパートリーの中でとても大事にしている役です。
ふたつは、ドラマティックな役という点で非常に似ています。重く、深刻な、声の負担が大きい役ですね。音楽的にも似た部分がありますが、と同時にプッチーニとドニゼッティでは歌い方(Singing Style)が大きく異なりますので、それぞれの歌い方を変えるということを、私自身は意識していますし、それが重要なことだと考えています。幸い、ロドルフォを歌ってから5日間のオフがありますので、その間にしっかり声の状態を次のエドガルド役にあわせて調整していけると思います!

Q:ベチャワさんは、ポーランドのカトヴィツェ生まれですが、ご自分がポーランド人だと意識することはありますか?
A:
もちろんです。ポーランドに限らず、誰もが自分の生まれた国の影響を大きく受けるものだと思います。音楽の伝統ということでいうと、ポーランドの歌手の養成学校がアーティストたちに多大な影響を与えていると思います。中でも私がお話したいのは、METが創立された19世紀のころ、二人のポーランド人の兄弟(Jean De ReszkeとEdouard De Reszke)が活躍していたことです。中でもヤンは彼の最後のシーズン(1902年/1903年)にワーグナーの5作品を含む11の役を演じました。これは後のカルーソーをも超えた、最多記録になっていると思います。
当時は戦争中でポーランドという国そのものもなく、METの舞台に立っていてもポーランド人だとは誰も思わない時代にでした。そのような時から約100年たった今、私が同じポーランド出身の歌手としてMETの舞台に立っていることを誇りに思うと同時に、運命的なものも感じています。
BOHEME_Beczala_MG_9351.jpg
<「ラ・ボエーム」より>

Q:ベチャワさんのこれからのご予定を教えていただけますか?
A:今METとは、5年後までのレパートリーのことを話しています。他には、ウィーン国立歌劇場やミラノ・スカラ座とも、今後の出演について相談しています。ホフマン物語や、ヴェルディ生誕200周年にあたる2013年には多くのヴェルディ作品を歌わせてもらうことになると思います。
でもその前に、今年再び日本で多くのお客さまに私の歌を聴いてもらえること、これが今一番楽しみにしていることです!



メトロポリタン・オペラ 日本公演の詳細は下記より
http://www.japanarts.co.jp/MET2011/

『ラ・ボエーム』
6月8日(水) 19:00 NHKホール
6月11日(土) 15:00 NHKホール
6月17日(金) 19:00 NHKホール
6月19日(日) 19:00 NHKホール

『ドン・カルロ』

6月10日(金) 18:00 NHKホール
6月15日(水) 18:00 NHKホール
6月18日(土) 15:00 NHKホール

『ランメルモールのルチア』

6月9日(木) 18:30 東京文化会館
6月12日(日) 15:00 東京文化会館
6月16日(木) 18:30 東京文化会館
6月19日(日) 12:00 東京文化会館

『MET管弦楽団 特別コンサート』
6月14日(火)19:00 サントリーホール

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。