2011年02月09日

アフターパフォーマンストーク開催![マリインスキー・オペラ]

「影のない女」演出家ジョナサン・ケントのアフターパフォーマンストーク決定!(2月12日)
ジョナサン・ケントが演出するマリインスキー・オペラの「影のない女」の大舞台の立て込みが始まっています!
このオペラは聴けば聴くほどにはまるし、観れば観るほどににたくさん語りたくなるような魔力をもったオペラですね。
そこで、嬉しいお知らせです!
2月12日(土)の「影のない女」上演後に、ジョナサン・ケント氏によるアフターパフォーマンストークが急遽決定しました!
実は、ケント氏は3月11日からACTシアターで上演される藤原紀香さん主演のミュージカル「マルグリット」の演出も今回の「影のない女」のチームとともに手がけています。
ちょうどそのお稽古で時を同じくして来日している合間を縫って、アフターパフォーマンストークを快諾してくれました。
唯一の機会となりますので、マリインスキー版の「影のない女」のここが知りたい!のトークにご期待ください。

2月12日(土)「影のない女」 16時開演 東京文化会館
終演予定時刻:20時20分
対象:12日の公演にご来場いただいた方(参加は無料です)
アフターパフォーマンストーク:20時30分〜21時00分(予定)

♪ジョナサン・ケント プロフィール (≪影のない女≫演出)
Kent.jpg オペラの演出を数多く手掛けており、主な例としては、≪ねじの回転≫≪妖精の女王≫(以上グライドボーン音楽祭)、≪テンペスト≫≪カーチャ・カバノヴァー≫≪ルチオ・シッラ≫≪フィガロの結婚≫(以上サンタフェ・オペラ)、≪トスカ≫(英国ロイヤル・オペラ)、≪我らが時代の子≫(イングリッシュ・ナショナル・オペラ)、≪エレクトラ≫≪影のない女≫(以上マリインスキー劇場)などが挙げられる。
 1990年には、イアン・マクダーミッドと共に「アルメイダ劇場」を常設のプロデューシング・シアターとして発足させ、以後12年間、同劇場の共同芸術監督を務めた。同劇場においては、≪王女メディア≫≪ハムレット≫≪ゲームの規則≫≪検察官≫≪ネイキッド≫ほか多数の作品を演出。その大半がブロードウェイやウエスト・エンドでも上演されている。また、アルメイダ劇場ゲインズボロ・スタジオでは、≪リチャード二世≫≪コリオレイナス≫を演出し、これらの作品を携えてニューヨークと東京へのツアーも行った。
今後のオペラ演出の予定には、≪ドン・ジョヴァンニ≫(グライドボーン音楽祭)、≪妖精の女王≫(パリ・オペラ・コミーク座ほか)などがある。
 尚、現在は主に以下の5名とチームを組んで、演出を手掛けている。
舞台美術:ポール・ブラウン
照明:ティム・ミッチェル
映像:スヴェン・オーテル、ニーナ・ダン
振付:デニ・セイヤーズ

ミュージカル「マルグリッット」公演詳細
ケント氏のユーチューブ

posted by Japan Arts at 13:39 | マリインスキー・オペラ2011>NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。