2011年05月07日

メトロポリタン・オペラ 指揮者変更のお知らせ

音楽監督のジェイムズ・レヴァインは、現在治療中の背中の痛みによる体調不良により、医師のアドヴァイスに従い、5月15日から療養に入ることが、本日(5月7日)未明にメトロポリタン・オペラより発表されました。
従いまして6月の日本公演はやむなく降板することになり、代わりましてメトロポリタン・オペラの首席客演指揮者のファビオ・ルイジが「ラ・ボエーム」「ドン・カルロ」「特別コンサート」を指揮いたします。
日本でMetデビュー40周年を迎える予定だったジェイムズ・レヴァインの公演に、ご期待くださいました皆様には大変申し訳ございませんが、どうぞご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

◆ 「ラ・ボエーム」NHKホール
6月4日(土)15時 愛知県芸術劇場 大ホール
6月8日(水)19時 NHKホール
6月11日(土)15時 NHKホール
6月17日(金)19時 NHKホール
6月19日(日)19時 NHKホール

◆「ドン・カルロ」
6月5日(日)15時 愛知県芸術劇場 大ホール
6月10日(金)18時NHKホール
6月15日(水)18時NHKホール
6月18日(土)15時NHKホール

◆「特別コンサート」 サントリーホール
6月14日(火)19時

◆「ランメルモールのルチア」
予定通り、ジャナンドレア・ノセダが指揮をいたします。
6月9日(木)18時30分 東京文化会館
6月12日(日)15時 東京文化会館
6月16日(木)18時30分 東京文化会館
6月19日(日)12時 東京文化会館

*なお、指揮者変更に伴う払い戻しはございませんので、どうぞご了承ください。

ファビオ・ルイジ Fabio Luisi プロフィール
Luisi.JPG1959年イタリアのジェノヴァ生まれ。
ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団芸術監督・首席指揮者(1995年〜2000年)、スイス・ロマンド管弦楽団音楽監督(1997年〜2002年)、ライプツィヒ放送交響楽団(中部ドイツ放送MDR響)芸術監督(1999年〜2007年)、ドレスデン国立歌劇場の音楽総監督および同歌劇場管弦楽団の首席指揮者(2007年〜2009年)を歴任。
現在ウィーン交響楽団の首席指揮者(2005年〜)、PMF(札幌)芸術監督(2010年〜)の任にある。
2012年よりチューリッヒ歌劇場音楽総監督に就任予定。
メトロポリタン・オペラには2005年に「ドン・カルロ」でデビューし、2010年よりメトロポリタン・オペラ首席客演指揮者に就任。今シーズンは「ラインの黄金」(レヴァインの代役)を、また「ナクソス島のアリアドネ」「リゴレット」を指揮し、次シーズンは「マノン」(新演出ネトレプコ、べチャワ主演)を予定している。
posted by Japan Arts at 12:13 | メトロポリタン・オペラ(MET)2011>NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。