2011年05月13日

≪ドン・カルロ≫ 出演者変更のお知らせ[メトロポリタン・オペラ]

5月13日未明、メトロポリタン・オペラから日本公演の出演者変更が発表されました。
《ドン・カルロ》に出演予定のオルガ・ボロディナが、喉の不調による二ヶ月間の休養との医師の診断により、日本公演への出演を降板することになりました。
ボロディナに代わりまして、エボリ公女役はエカテリーナ・グバノヴァが出演いたします。
グバノヴァは2007/2008年のシーズンに《戦争と平和》でメトロポリタン・オペラにデビュー、2009/2010年のシーズンでは《ホフマン物語》のジュリエッタ役で出演いたしました。他にも英国ロイヤル・オペラ、パリ・オペラ座、ミラノ・スカラ座など世界の舞台で活躍するメゾ・ソプラノです。
詳しいプロフィールはこちらでご確認ください
*なおボロディナは5月13日(金)、15日(日)のフランスのトゥールーズでの「サムソンとデリラ」への出演及び、5月17日(火)のパリでのコンサートの降板が発表されています。

また、ドン・カルロ役のヨナス・カウフマンは、東日本大震災および福島第一原発の事故の影響を懸念し、来日を断念いたしました。
カウフマンに代わりまして、ドン・カルロ役はヨンフーン・リーが出演いたします。
リーは2010年、同役でメトロポリタン・オペラにデビューし絶賛されました。ドン・カルロ役は、バイエルン国立歌劇場で歌い高い評価を得ている他、次シーズンにはウィーン国立歌劇場でも同役での出演、英国ロイヤル・オペラ、リヨン歌劇場、チューリヒ歌劇場などで《カルメン》のドン・ホセ役でのデビューが予定されています。
詳しいプロフィールはこちらでご確認ください

尚、出演者変更に伴う払い戻しはございません。
何卒ご了承くださいますよう謹んでお願い申し上げます。

《ドン・カルロ》公演の日程:
6月5日(日)15時  愛知県芸術劇場大ホール お問合せ:中京テレビ事業 (052)-957-3333
6月10日(金)18時/6月15日(水)18時/6月18日(土)15時   NHKホール
お問合せ ジャパン・アーツぴあ (03)-5774-3040 
<出演>
エリザベッタ(S):バルバラ・フリットリ
エボリ公女(Ms):エカテリーナ・グバノヴァ
ドン・カルロ(T):ヨンフン・リー
ロドリーゴ(Br):ディミトリ・ホロストフスキー
フィリポU世(B):ルネ・パーペ
宗教裁判長(B):ステファン・コーツァン

その他の日程はこちらから

なお、出演者変更による払い戻しはございません。
ご理解・ご了承賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。
posted by Japan Arts at 17:00 | メトロポリタン・オペラ(MET)2011>NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。