2011年06月06日

メトロポリタン・オペラ来日記者会見[メトロポリタン・オペラ(MET)]

6月6日、東京公演開幕を前に都内ホテルで記者会見が行われました。
_DSC1010.JPG
ピーター・ゲルブ総裁、ファビオ・ルイジ、ジャナンドレア・ノセダ、マリウシュ・クヴィエチェン、ピョートル・ベチャワ、バルバラ・フリットリ、ディミトリ・ホロストフスキー、エカテリーナ・グバノヴァ、ルネ・パーペ、マリーナ・ポプラフスカヤ、ヨンフン・リー総勢11名が登壇しました。

_DSC1014.JPG
「素晴らしいソリストの皆様はもちろんのこと、350人の団員が到着しました。今の日本の状況の中で公演を行えることを誇りに思います。」

_DSC1021.JPG
「METと来日できたことをうれしく思います。日本の人々、特に聴衆の皆様が大好きです」。
そして、
「このような状況の中で音楽家である私たちが出来ることは大きいことではないと思います。生活に直結することは出来ません。ただし精神的な糧となるものを音楽を通して伝えることは出来ます。そしてそれは意味のあることだと考えています。」
“ドン・カルロ”については「ドンカルロはヴェルディがもっとも愛したオペラです。それはさまざまな版が存在している事からも明らかです。ヴェルディ自身は最後まで満足しなかったようですが、私たちは皆この作品を愛しながら演奏したいと思っています。」

_DSC1023.JPG
「ここにいるアーティストたちは本当のスターです。そしてMETはオーケストラ、コーラス、スタッフを含めて超一流です。震災の後という状況ですが、皆様の素晴らしい未来のために演奏したいと思います。
美、希望というものを偉大な作曲家の音楽を通じて日本の皆様に伝えること。それが今の私にできる唯一のことと考えます。」

_DSC1025.JPG
「日本が好きなことは説明するまでもないのですが、日本には5回目の来日となります。
友達もたくさんいますし、このように来日できて嬉しく思っています。」

_DSC1026.JPG
「日本に来日出来たこと、そして特に震災後の難しい状況の中での来日は特別なことです。微力ですが、できることを行いたいと思います。」

_DSC1028.JPG
「私はかなり前から日本に来ることはいつも楽しみにしているのです。この大好きな国があのような災害に遭ったのは本当に心が痛みました。皆様の心の安らぎとなる役割かができるということを嬉しく思います。また私は唯一のイタリア人歌手ですので、誇りを持って歌いたいです。」

_DSC1029.JPG
「私の来日は6回目か7回目になると思います。日本に来て安らぎを与えられることを嬉しく思います。しかも、世界有数のオペラ・ハウスであるメトロポリタン・オペラと一緒に来日が叶えられた事を誇りに思っています。」


_DSC1032.JPG
「私は5回目の来日です。メトロポリタン・オペラのツアーに参加できることを心から嬉しく思います。日本を大切に想っているという気持ちが伝わればと、思っております。」

_DSC1033.JPG
「10回目の来日です。1970年代後半、ドレスデンの少年合唱団での来日が最初でした。メトロポリタン・オペラとの来日は4回目となりますが、今回の来日では世界が日本をサポートしているという気持ちを伝えられればと思います。」

_DSC1034.JPG
「私は今回来日できて本当に良かったです。テレビであの災害を見た時から、私の気持ちというものは、日本の皆様と一緒に歩んできました。この話を頂いてから4日間しかなく、飛行機に飛び乗って来ました。初来日となりますが、昔から知っている国のように思います。この国の人々や聴衆にも温かく迎えられ、お互いを尊重して生きている人々の姿を見て本当に感激しました。ありがとうございます。」

_DSC1038.JPG
「今回初来日となります。毎日日本のために教会で祈っていました。私はキリスト教徒なのですが、祈ること以外に何か出来ることはないかと思っていました。そしてある時、神様から日本に行く運命をいただきました。音楽を通して、いかに世界の人々が日本のことを思っているかを伝えたいです。」
また、“ドン・カルロ”については「METデビューもドン・カルロ、そして日本デビューもドン・カルロであったという意味でも私にとって運命的な、特別な役だと思います。」

_DSC1045.JPG
記者会見終了後、全員でのフォトセッションでは歌手たちが茶目っ気たっぷり。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。