2009年03月20日

東京文化会館公演初日![錦織プロデュース・オペラ]

2009年3月20日錦織健プロデュース・オペラ「愛の妙薬」の東京公演初日でした。
会場は大変盛り上がり、大成功のうちに幕を閉じました!
明後日22日も東京文化会館で公演がございます。ぜひ足を運んでください!

公演終了直後は舞台で記念撮影!
DSC_0307.jpg

DSC_0309.jpg

<公演日程>
3月22日(日)14:00 東京文化会館
3月26日(木)19:00 ハーモニーホール座間
4月5日(日)14:00 神奈川県民ホール

公演詳細情報はこちらから

2009年03月19日

掲載情報[錦織健プロデュース・オペラ]

東京公演がいよいよ明日からスタートします!
2009年3月18日朝日新聞に広告が掲載されました。
090318asahi.jpg

錦織健プロデュース・オペラ「愛の妙薬」公演詳細情報
「ザハーロワすべて」公演詳細情報

2009年03月09日

8日兵庫公演レポート[錦織健プロデュース・オペラ]

3月8日兵庫県立芸術文化センターでの公演も大成功のうちに幕を閉じました。
楽しいオペラにお客様たちも大満足!みなさん笑顔で会場を後にしている様子がとても印象に残りました。
来週にはいよいよ東京文化会館での公演がスタートします!お楽しみに!

錦織さんはというと、皆様にご迷惑とご心配をお掛けしましたがお陰様で元気になりました!
皆さん、ぜひ足を運んでくださいね〜。
090308_1928_01.jpg

公演の詳細ページはこちら
全国日程
3月10日(火)19:00 広島大学サタケメモリアルホール SAP CORPORATION 03-5226-8537 
3月14日(土)17:00 大宮ソニックシティホール 同左 048-647-7722  
3月20日(金・祝)14:00 東京文化会館 ジャパン・アーツぴあ 03-5237-7711  
3月22日(日)14:00 東京文化会館 ジャパン・アーツぴあ 03-5237-7711  
3月26日(木)19:00 ハーモニーホール座間 同左 046-255-1100 
4月5日(日)14:00 神奈川県民ホール 神奈川芸術協会 045-453-5080

2009年02月16日

大成功の初日レポート[錦織健プロデュース・オペラ]

2月15日(日)大田区民ホール・アプリコで初日を満席で迎えた錦織健プロデュース・オペラは大成功のうちに終了しました。

ネモリーノ役の錦織健とアディーナ役の森麻季がキャラクターをしっかりと理解し素晴らしい喜劇っぷりをみせました。客席からは終始笑い声が絶えませんでした。もちろんアリアの中でも最高傑作と言われている“人知れぬ涙”もじっくりと聴かせてくれます。
指揮者の現田茂夫もオーケストラと共に舞台と一体になり、さらに物語を盛り上げます。

とにかく楽しいオペラ、絶対にハッピーになれること間違いなし!
皆さんもぜひ、足を運んでみては?

公演の詳細ページはこちら
全国日程
2月22日(日)14:00 ルネ小平 小平市文化振興財団 042-345-5111 
2月27日(金)18:30 愛知県芸術劇場 CBCイベント事業部 052-241-8118
3月1日(日)14:00 まつもと市民芸術館 まつもと市民芸術館チケットセンター 0263-33-2200 
3月3日(火)18:30 アクトシティ浜松 静岡朝日テレビ 054-251-3302
3月8日(日)17:00 兵庫県立芸術文化センター 大阪新音 06-6341-0547 
3月10日(火)19:00 広島大学サタケメモリアルホール SAP CORPORATION 03-5226-8537 
3月14日(土)17:00 大宮ソニックシティホール 同左 048-647-7722  
3月20日(金・祝)14:00 東京文化会館 ジャパン・アーツぴあ 03-5237-7711  
3月22日(日)14:00 東京文化会館 ジャパン・アーツぴあ 03-5237-7711  
3月26日(木)19:00 ハーモニーホール座間 同左 046-255-1100 
4月5日(日)14:00 神奈川県民ホール 神奈川芸術協会 045-453-5080

2009年02月13日

開幕目前!リハーサル・レポート[錦織健プロデュース・オペラ]

錦織健プロデュース・オペラVol.4「愛の妙薬」が開幕目前!
2009.02.12-108.jpg
いよいよ2月15日に初日を迎える大田区民ホール・アプリコで、本日リハーサルが行われました。
スペイン・バスク地方の村を絵本のように可愛らしく表現した舞台美術の中、ネモリーノ役の錦織健やアディーナ役の森麻季がイキイキとその役を演じていました。二重唱も指揮の現田さんお墨付きの息ピッタリさで、心の機微も細やかに伝わってきました。
2009.02.12-284.jpg
錦織健は気弱で純朴な田舎の青年ネモリーノをとてもコミカルな動きをまじえながらおもしろおかしく表現。2幕の有名なアリア「人知れぬ涙」では、伸びやかな声に乗せてアディーナへの想いを熱唱しました。このアリアだけでも、必聴の価値ありです!
2009.02.12-140.jpg

大不況といわれるこのご時世。
わかりやすいストーリーで、観終わった後はスッキリ元気爽快になれこと間違いなしのオペラです。
ご家族みんなで、どうぞお気軽にお楽しみ下さい。
2009.02.12-335.jpg

東京公演情報はこちらから!
----------------------------------------------------------

プロデューサー兼ネモリーノ役の錦織健にリハーサル直後にインタビュー
ken_photo.jpgオペラは日本人に馴染みのない様式なので、特にこのような喜劇が入っていきやすいですね。ネモリーノはモジモジした男性なので、オタクの動きを勉強しました(笑)。僕は攻撃的なオタクを目指しています。
「愛の妙薬」は男性がおバカで女性がイキイキしていて、また勘違い男や詐欺師はいるし、と、現代の社会の縮図です。100年以上前の時代が舞台で様式は違いますが、その様式を楽しめるようになれば面白くなります。

≪オペラ初心者の方へ ≫
準備はなにも要りません。
少し早く会場にきて、プログラムを買って読んでいただくだけで、オペラの世界をご堪能してもらえます。


指揮者 現田茂夫
genda_photo.jpg「愛の妙薬」作曲家のドニゼッティは、ずっとロッシーニを尊敬していました。この作品の中にも、そのロッシーニの軽妙さや粋な部分がちりばめられています。そのドニゼッティのよさを聴いていただきたいと思います。
また、健ちゃん(錦織健)はこの役がぴったりです!ネモリーノの一途なところなど、男の良さが出ています。
オーケストラも初めてご一緒させていただきますが、キビキビと反応がいいので、とてもやりやすいです。オペラは全く難しいものではありません。100年も200年も残されてきた一級品の素晴らしさを楽しんでください。

※写真はクリックすると拡大します。
舞台写真:©三浦 興一

2009年02月02日

合唱団の衣装合わせ [錦織健プロデュース・オペラ]

先日、稽古場では合唱団・ラガッツィのメンバーの衣裳合わせが ありました。
衣裳プランナー・小野寺さんの衣裳は、いつもとても素敵です。。
一部ご紹介します!
IMG_1694.jpg
IMG_1696.jpg
IMG_1699.jpg

2009年01月30日

錦織健 CDリリース!(2009年3月)[錦織健プロデュース・オペラ]

3月のプロデュースオペラ「愛の妙薬」が今から待ち遠しい錦織健がファン待望の新作アルバムを発売します!2009年3月4日リリース!
nisikiori_CD.jpg『初のライブレコーディングによるベスト選曲集』 3,150(税込)
■■■ テノール界のプリンス「錦織健」 ■■■
彼の長いキャリアの中でも初めてになるライブ・レコーディング盤にしてベスト選曲による1枚!朝川朋之をハープ、ピアノに向かえた '08年10月12日 東京オペラシティでのパフォーマンスからベストテイクを収録。秋川雅史に代表されるイケメン・テノール歌手のオリジンとして圧倒的な実力を誇る「錦織健」。実に前作から3年半ぶり、ファン待望の新作リリースです!『愛の妙薬』から”人知れぬ涙”も収録!

[曲目]
1.いとしい女よ
2.側にいることは
3.「リナルド」より私を泣かせてください
4.恋はやさし野辺の花よ
5.秋の月
6.荒城の月
7.さとうきび畑
8.島唄
9.「セビリアの理髪師」より”私の名を知りたければ”
10.「愛の妙薬」より”人知れぬ涙”
11.忘れな草
12.愛の喜びは
13.グレイト・プリテンダー
14.オー・ソレ・ミオ
15.ボヘミアン・ラプソディ

錦織健に関する最新情報は:http://nishikioriken.seesaa.net/
ポニー・キャニオン: http://www.ponycanyon.co.jp/

2009年01月26日

とびきりおもしろい「愛の妙薬」![錦織健プロデュース・オペラ]

1月23日に小学館プラチナ・サライの読者のために錦織健オペラトークが開催されました。
タイムリーなオバマ政権誕生の時事の話、話題の映画、森進一に代表される演歌の話(&モノマネも!)、そしてオペラの歴史を日本の歴史を絡めた話まで、とても知識欲が満たされる有益な内容かつ軽妙洒脱なトークで、すっかり錦織ワールドに聴衆を引きこみました。

また、ぴあのクラシック最新情報に掲載された錦織健のインタビューをPDFでご覧いただけます。
記事は下記画像をクリックするとPDFが起動しご覧いただけます。
piaClassic.jpg

またリハーサルもますます快調!

公演をお楽しみに!

公演の詳細は下記よりご覧下さい。
錦織健プロデュース・オペラVol.4 “愛の妙薬”公演情報

2009年01月19日

錦織健による公演ナビゲート [錦織健プロデュース・オペラ]

nishikiori_port.jpg みなさんは、ドニゼッティという作曲家の名は御存知でしたか?
ヴェルディ、プッチーニほどは有名でないにしても、オペラファンにとってはお馴染みの名、私達歌手にとっては大好きな名前です。美しいメロディーや数多い声の技術の見せ所が特徴だからでしょうか。もちろん本場イタリアでも大人気の作曲家で、通過がユーロになる前のリラの時代はお札に彼の肖像が印刷されていたほどです。「愛の妙薬」は彼の代表作のひとつで、テノールの名アリア「人知れぬ涙」が有名です。なんだか悲しそうな歌ですが、まさか恋人が死んだとか? いえいえ「愛の妙薬」はのどかな農村の恋のすれ違いのお話です。妙薬はすなわち”惚れ薬”。飲んだ本人はたちまち周囲の異性にモテまくるというのですが、果たして...。

------ストーリ-------
素朴で内気な農夫ネモリーノ(私、錦織)は美しい地主の娘アディーナ(森麻季さん)に恋焦がれていますが、彼女は高嶺の花、遠くから見つめるしかありません。そこへ村に駐屯する軍隊がやって来ました。スケベ軍曹のベルコーレ(大島幾雄さん)は美しいアディーナを見るなりいきなりプロポーズ!ネモリーノはあせります。突然ラッパが鳴り響き旅回りのあやしい医者ドゥルカマーラ(三浦克次さん)が現れ、村人相手に早口で商売を始めるのですが、その愛嬌と胡散臭さは必見、まさに西洋版ガマの油です。
その胡散臭い医者に助けを求めたネモリーノは有り金はたいて魔法の惚れ薬なるものを買いました。この「愛の妙薬」を飲めばアディーナもきっと僕のことを....ってそうなるはずがありません。なぜならば彼が買わされたのは単なる安ワインだったんです。自分はモテると信じたネモリーノとあきれるアディーナのちぐはぐなやりとりが笑えます。しかしこのことでアディーナは怒り心頭、あてつけにスケベ軍曹との結婚に同意してしまうのです。なんてことだ、妙薬が足りなかったのか!驚いたネモリーノはドゥルカマーラからまた薬を買おうとするのですが、もうお金ががありません。お金を手に入れるため恋敵のスケベ軍曹に頼んで軍隊に志願しその入隊金でネモリーノは再び妙薬を買うのでした。モテた気持はわかるけど軍隊に入るのは命がけ、どうかしてますよね。そもそも薬はニセモノだし。でもこの命がけの行動を知ったアディーナは、彼の愛の深さを知ってホロリと涙します。これが人知れぬ涙!物陰から彼女の涙を見たネモリーノがアディーナの愛を感じて歌うのです。悲しい歌じゃないですよね。
アディーナはネモリーノの愛を受け入れハッピーエンド。スケベ軍曹はさっそく次の娘を口説き、インチキ医者は「わしの妙薬のおかげじゃよ」と高笑いしながら去っていったとさ。めでたしめでたし----------とまあざっとこんなお話ですが、このストーリー、なんだか吉本新喜劇にありそうな気がしません?
 私なんか芸人さんのキャスティングまで頭に浮かんできます。この楽しいお話を美しい音楽に乗せてお届けします。誰もが楽しめるオペラだと思いますよ。

公演の詳細は下記よりご覧下さい。
錦織健プロデュース・オペラVol.4 “愛の妙薬”公演情報

2009年01月16日

稽古場レポート@ [錦織健プロデュース・オペラ]

新年早々より、いよいよ錦織健プロデュース・オペラVol.4「愛の妙薬」の稽古が始まりました!
1月14日からは、演出家の十川稔氏も稽古場に登場し、立ち稽古が始まりました。
まずはキャスト全員が揃って顔合わせ。十川氏から今回の演出意図などの説明がありました。
keiko3.jpg
keiko2.jpg

小野寺佐恵さんのデザインによる衣裳のデザインも上がってきました。
どんな衣裳を着ることになるのか・・キャストの皆さんも興味深々。
keiko4.jpg

キャストの皆さんの前には、舞台セットの模型があります。
舞台装置プランナーの升平香織さんによる舞台セットは、女性らしい感覚の素敵な舞台の予感。
稽古期間中は、模型のセットを稽古場において、イメージを膨らましつつ稽古を行っているのです。
keiko1.jpg

公演の詳細は下記よりご覧下さい。
錦織健プロデュース・オペラVol.4 “愛の妙薬”公演情報

2009年01月14日

錦織健プロデュース・オペラ2009いよいよスタート!

flyer_nishikiori.jpg『錦織健プロデュース・オペラVol.4“愛の妙薬”』 2/15(日)大田区民ホール・アプリコでの公演を皮切りにいよいよスタート!!
稽古場よりレポートをお届けしますので、どうぞお楽しみに!


公演の詳細は下記よりご覧下さい。
錦織健プロデュース・オペラVol.4 “愛の妙薬”公演情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。