2009年06月17日

歌手紹介(7)[最終回]ウラディーミル・ガルージン[ボリショイ・オペラ]

世界屈指のドラマティック・テノール、ウラディーミル・ガルージン。
04Galuzin.jpg 
特に、「スペードの女王」のゲルマンを歌わせたら、現在オペラ界において“右に出るものなし”と言われる、まさに“現代最高のゲルマン歌い”と言えます。
オペラのスタートから第3幕の終わりまで、ほとんど舞台で歌い続け、歌手にとっては非常に負担となるこの難役を歌いこなせる数少ないテノール歌手として、彼は世界を飛び回っているのです。

彼が演じるゲルマンは、最初純粋にリーザを想う貧しい士官でしたが、カード賭博の秘密を聞きつけたところから、次第に彼の中に正気と狂気があらわれるようになります。そしてカードの秘密を知る伯爵夫人をショック死させたところから、いよいよ自らも狂気に堕ちてしまいます。
54(25).jpg
伯爵夫人の亡霊が彼に「3枚のカードの秘密」を告げ、狂気に取り憑かれたゲルマンはリーザの一途で誠実な愛にまでも背を向け、賭博場に向かい、リーザを自殺に追いやってしまいます。
この純愛から狂気に堕ちてしまう複雑な心境の変化を見事に歌いあげ、観客を魅了してしまうのが、ガルージン。昨年末のモスクワ公演でも、「スペードの女王上演のメッカ」ともいえるボリショイ劇場で聴衆が熱狂し、「ブラボー」を連呼していました。
54(53).jpg
ゲルマン役について、ガルージン自身は「初めて歌ってから17年が経ちましたがまだまだ飽きることのない不思議な役です。とても難しい役ですけれど」と語っています。
インタビュー時の彼はとても穏やかで話しやすい印象ですがマエストロ・プレトニョフとのピアノ・リハーサルでは、とにかくすごい集中力でゲルマンのアリアを熱唱していました。(この詳しい様子は担当者がみたモスクワ[5]でご覧になれます!)

ガルージンはルブツォフスク生まれ。ノヴォシビルスク音楽院に学び、ノヴォシビルスク歌劇場およびサンクトペテルブルグ室内歌劇場のメンバーとして活動した後、ゲルギエフ率いるマリインスキー劇場に入団しました。その後、ドラマティック・テノールとして、世界の歌劇場への扉が開かれたのです。
いよいよ来日する稀代のドラマティック・テノール、今公演でも素晴らしい歌声を披露してくれることでしょう!

歌手紹介は今回で最後となりました。
舞台スタッフたちは一足先に来日し、歌手たちもいよいよ来日!
舞台をご覧になる前に歌手たちの紹介を読み返してみては。 

posted by Japan Arts at 10:56 | ボリショイ・オペラ2009>キャスト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

歌手紹介(6)エレーナ・ポポフスカヤ[ボリショイ・オペラ]

ポートレート写真と同じように実際もとても美しいポポフスカヤ。話している姿は明るく、テキパキとした印象でした。
Popovskaya_photo.jpg 
6月19日の来日公演初日と21日の「スペードの女王」でリーザ役を歌います。感情豊かに「愛に生きる女性」を全身全霊で歌い上げ、その細い体からは想像もつかないような情熱的な歌声を披露します。舞台では堂々とした立ち姿に安定感のある歌声で観客を魅了、現代女性からも共感を得そうなリーザ役でした。

演出についてポポフスカヤは「ゲルマンは狂気になってしまうけれど、リーザは狂わない。そういった強い心をもっているところに共感しますね。今回の新演出では指先の微妙な動きまで意識するようにしました。わたしにとっては新鮮でした。」
リーザ役については「エフゲニー・オネーギンのタチアーナ役が抒情的なのに比べて、スペードの女王のリーザ役はよりドラマティックな声が必要だと思います。」と答えてくれました。
popovskaya_spade.jpg
そんな彼女はモスクワ生まれでモスクワ音楽院を卒業した生粋のモスクワっ子!
数々のレパートリーの中には、モネ劇場における《炎の天使》のレナート役、トヴィア国立歌劇場で《トゥーランドット》のタイトルロール、ベルグラード・フェスティバルでショスタコーヴィチの交響曲第14番のソリストに起用されるなど、ヨーロッパ各地で活躍しています。ボリショイ劇場では、2007年に《スペードの女王》のリーザ役を歌い、第41回トゥールーズ国際声楽コンクールで特別賞を受賞しました。
現在も若手ソプラノ歌手として世界から注目を浴びています。

来日公演では、彼女が出演する「スペードの女王」にゲルマン役でガルージン、伯爵夫人にオブラスツォーワを迎え、最強のキャストで日本公演が幕開けとなります!
いよいよ1週間後には歌手たちが来日し、素晴らしい歌声を聴かせてくれます。
また、リーザ役を歌うもう一人の若手ソプラノ歌手タチアーナ・モノガローワと全く違った「リーザ像」に注目するのも今回の公演の醍醐味かもしれません。

posted by Japan Arts at 12:38 | ボリショイ・オペラ2009>キャスト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

歌手紹介(5)エレーナ・オブラスツォーワ[ボリショイ・オペラ]

ロシアでは、それこそ“人間国宝級”の芸術家、そしてロシア・オペラ界の重鎮、エレーナ・オブラスツォーワ。
01Obraztsova.jpg
ボリショイ・オペラ来日公演終了直後の7月7日で70歳を迎えます。その歌声、立ち振る舞いはとても70歳には見えません!
オブラスツォーワはソ連人民芸術家。レーニン勲章、ならびに国家勲章を授与されており、クライバー、アバド、バレンボイムなど一流指揮者と共演し、ドミンゴとの共演による「カルメン」「サムソンとデリラ」「カヴァレリア・ルスティカーナ」は語り草となってます。2007年には、サンクトペテルブルクのミハイロフスキー劇場の芸術監督に就任しています。

25歳の時に初めて「スペードの女王」の伯爵夫人役を演じたオブラスツォーワ。以後この役を45年間演じ続けてきました。「いまでも歌い続けていられるのは、すべて“愛”のおかげ。」と言っていた彼女。彼女の言葉の一つ一つに芸術、祖国ロシア、そして特に自国の芸術を愛する強い気持ちを感じました。そして、ベテランならではのこんな言葉も。
04Obraztsova.jpg
「若い人には本を読んだり絵を嗜んだり、いろんな物を学んだりして豊かな“魂”を創り出して欲しい。芸術とは“魂”の糧であるのですから。」

昨年12月に行われた「スペードの女王」のオーケストラとの合わせリハーサルでは、自分の出番以外は客席にいて、ずっと舞台の仕上がりを真剣に、厳しく見つめていたその横顔も印象的でした。
そして現地での公演終了後の彼女は、何と本番の舞台衣装のまま(!?)スキップしながら皆に手を振って「また、明日〜!」と言いながら車に乗り込む姿は本当にお茶目。可愛らしい一面を見せてくれました。

日本公演ではオブラスツォーワとガルージンという最強のキャストで「スペードの女王」をご覧になれます。2人の魂のぶつかり合いに引き込まれること間違いなしです。

蔵書印集.jpg
ロシアの著名人たちの蔵書印集。手のひらサイズの可愛い本です。
蔵書印オブラスツォーワ.jpg
本の中にはスペードを模ったオブラスツォーワの蔵書印が。
スペードは彼女の人生そのものなんですね。
他にもヴェデルニコフの蔵書印がありました。

2009年5月20日朝日新聞 朝刊
エレーナ・オブラスツォーワがクローズアップされました。

23日(土)放映「ボリショイ・オペラ 徹底解剖」から
森公美子さんの憧れの存在だったのがオブラスツォーワだったそうです。
放送でもその事も熱く語ってました!

posted by Japan Arts at 16:25 | ボリショイ・オペラ2009>キャスト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

歌手紹介(4):ワシリー・ラデューク[ボリショイ・オペラ]

プレトニョフに抜擢され「スペードの女王」のプリミエでエレツキー公を歌ったワシリー・ラデューク。
Ladyuk2.jpg
父親が指揮者だったという彼はモスクワの芸術アカデミーで指揮と歌の勉強をしました。その後は大学院で歌を選び、2004年ノーヴァヤ・オペラのデビューでは「エフゲニー・オネーギン」で“黄金のマスク”賞を受賞しました。
そして今やボリショイ劇場のソリストとして、ロシア期待の星へと成長しました。
インタビューの受け答えはスマート、スター性を感じさせるオーラ!甘いマスクの中に、将来の芸術家を予感させる香りをもつ好青年。時折見せる笑顔と紳士的な態度にすっかり彼の話に聞き入ってしまいました。
「全体の質を上げるために、みんな一緒により良いものを作り上げたい」「自分の中の様々な“色”を発見させてくれるような仕事をしていきたい」と語ってくれます。静かに語っていましたが、彼の内に秘めた熱いものも感じました。
Ladyuk3.jpg
そんな彼の声は会場に美しく響く、潤いのあるバリトン、「テノールのような甘美さと、バリトンの骨太さを併せ持った」声。
その美声でエレツキー公のアリアなど“通常の良く知られたアリア”を彼が歌うと“忘れることのできないアリア”になります。
Ladyuk4.jpg
前向きにそしてどんな役に対しても真面目に取り組む姿勢を崩さない彼にはこんな憧れの人物がいました。
ラデュークが尊敬し憧れる歌手の名は“プラシド・ドミンゴ”。
いつまでも高いクオリティーを維持し続ける姿にとても感銘を受けるのだそう。実は何回か食事をした仲なんだとか。
「彼からはいつもエネルギーをもらいます。そしてとてもオーラがある方なんです!」とラデューク。
素晴らしい歌手に憧れ、そして世界的バリトンとして、今まさに彼の前に「世界の扉」が開かれようとしています。

注目して間違いなし、是非チェックしてみてください!

≪出演日≫
「スペードの女王」 エレツキー公爵
6月19日(金)18:30
6月21日(日)14:00

 「エフゲニー・オネーギン」オネーギン
6月25日(木)18:30

posted by Japan Arts at 11:28 | ボリショイ・オペラ2009>キャスト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

メッセージ動画(5):ワシリー・ラデューク[ボリショイ・オペラ]

6月25日(木)「エフゲニー・オネーギン」ではオネーギン役を、6月19日(金)・6月21日(日)「スペードの女王」ではエレツキー公爵を歌います。
動画は、なんと本番直前にお願いしたものですが、それでも快くメッセージをくれました。


私の日本訪問は、6回目になります。が、ボリショイ劇場のソリストとしては、初来日です。ボリショイの“顔”として東京のステージで日本の聴衆の皆さんの前で歌えることは、とても嬉しいです。
スペードの女王が皆さんに気に入っていただければ、そして高く評価されることを祈っています。


 

posted by Japan Arts at 17:55 | ボリショイ・オペラ2009>キャスト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

歌手紹介(3):タチアーナ・モノガローワ[ボリショイ・オペラ]

今回ご紹介するのは両演目でヒロイン役を演じる“迫真のオペラ女優”タチアーナ・モノガローワです。
インタビューでの彼女は、美しく知的な雰囲気。大人しくて奥ゆかしい、そんな言葉がぴったりでした。
Monogarova2.jpg 
知的なのは雰囲気だけではなく才能溢れる彼女は、進路選択のとき、何と音楽と演劇と、バレエの3つの学校に受かってしまって迷ったのだそうです。
「歌手の道に進んだのは、本当に偶然の出来事だったわ。いくつかの選択肢があって、その中から歌を選んだ、というだけの事だったの。
実は子供時代はバレエを習っていたのよ。時々劇場のリハーサルを見ていると、あぁ〜、バレエの方が良かったかなぁ…なんて思ってしまうの… 特に「白鳥の湖」のオデットっといったら!
今でもクラス・レッスンには時々行っているのよ。ボリショイ・バレエのバレリーナと一緒ではないけれどね。」と笑いながら話してくれました。
EvgenyOnegin_monogarova.jpg
「エフゲニー・オネーギン」ではダンス・シーンがありますが、なるほど!彼女の踊りは軽やかなわけですね。でも、オペラ歌手が踊るにはなかなか難しい踊りなのだとか。昔のオペラ歌手のように立って歌っているだけではダメなのですね。
また役に対して大変熱心に研究をするモノガローワ。
「スペードの女王」では彼女が後ろを向いているだけでリーザが何を言わんとしてるか分かってしまうほど、献身的な愛を捧げる女性を完璧に演じきっています。
15TheQueenofSpades.jpg
彼女の演技に鳥肌が立ってしまうこと間違いなし。必見、必聴です!

「エフゲニー・オネーギン」では純朴なタチアーナを演じています。
タチアーナは彼女が好きな役の一つ。演じれば演じるほど役に深みが出る興味深いキャラクターなのだそう。ラーリン家ではずっと伏せ目がちに歌い純真で一途な女の子を見事に演じ、そして結婚したタチアーナが背筋を伸ばし高貴な公爵夫人へと変貌する様は見所の一つとなっています。

欧州が熱く注目するソプラノ歌手、モノガローワの歌声に酔いしれてみては?

≪出演日≫
「エフゲニー・オネーギン」タチアーナ
6月24日(水)18:30
6月26日(金)18:30

「スペードの女王」リーザ
6月20日(土)14:00

≪今までの歌手紹介≫
@ローマン・ムラヴィツキー 
Aエカテリーナ・シチェルバチェンコ 

[指揮者・演出家]
@ミハイル・プレトニョフ

posted by Japan Arts at 19:03 | ボリショイ・オペラ2009>キャスト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

メッセージ動画(4):タチアーナ・モノガローワ[ボリショイ・オペラ]

6月20日(土)「スペードの女王」ではリーザ役を、6月24日(水)・6月26日(金)「エフゲニー・オネーギン」ではタチアーナ役を演じるモノガローワのメッセージ動画です。

素敵な公演になることを、何よりも祈っています。
みんなで力をあわせて、日本の聴衆の皆さんをがっかりさせないように、皆さんに満足していただければ何よりです。そして私たちも、皆さんと喜びや音楽、劇場芸術を分かち合えればと思います。
皆さんのご多幸とご成功をお祈りします。皆さんと、頻繁にお目にかかれますように。そして芸術、文化交流を深めることができますように!
posted by Japan Arts at 10:25 | ボリショイ・オペラ2009>キャスト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

指揮者・演出家紹介@:ミハイル・プレトニョフ[ボリショイ・オペラ]

指揮者や演出家をシリーズでご紹介します!
今回は「スペードの女王」を振る、プレトニョフの紹介です!

03 Mikhail Pletnev © photo by Davir Yusupov.jpgプレトニョフ、という名前を聞くと「世界的ピアニスト」「旋風を巻き起こしたカーネギー・ホールリサイタル」をイメージする方、ソヴィエト連邦崩壊後ロシアで初めての民間オーケストラ「ロシア・ナショナル管弦楽団」を設立した指揮者の顔を思い浮かべる方、両方いらっしゃるかと思います。
どちらもプレトニョフなのですが、今年の6月には新しいオペラ指揮者の顔が加わります。

少し眠そうな顔、とぼとぼとした足取りでインタビュールームに来てくださったマエストロ。カメラのフラッシュが苦手、インタビュー嫌い、という噂を聞いていたので、緊張しながら始まった取材でしたが、話を聞いているうちにマエストロの音楽への熱い思いと、ステージでのハプニングをいたずらっ子のような表情が印象に残りました。

「以前からスペードの女王は、最も素晴らしいオペラ作品だと思っていました。ですから、初めて指揮する作品は“スペードの女王”以外には考えられなかったのです。」と語るマエストロ。お母様、がオペラ歌手の伴奏をしていた関係で、ボリショイ劇場の黄金時代の舞台をいつも聴いていたそう。そして、今回はマエストロの思い描いていたとおりの舞台が、演出家フォーキンに会い実現したそうです。「私は『音楽至上主義』とでも言えば良いのでしょうか、何よりもチャイコフスキーの素晴らしい音楽が優先するという舞台作品を作りたかったのです。そのことにフォーキンが共感し、音楽にこだわりながら、しかもスペードの女王の神秘的な魅力を充分に表してくれる舞台ができたことは、本当に幸福なことでした」と自信に満ちた表情。
11 Mikhail Pletnev © photo by Davir Yusupov.jpg
今回の来日公演は、当代きっての伯爵夫人役のオブラスツォーワ、ゲルマン役のガルージンが出演することでも話題です。そのことを聞くと、「もちろんこの2人が世界的にも名声を得た素晴らしい歌手だということは知っています。しかし、私は劇場に本番に出演する歌手は、しっかりとリハーサルに参加でき、私とともに音楽を、舞台を作り上げていける人にして欲しい、ということを伝え、条件にしました」とのこと。つまり、2人をはじめとする歌手たちは、マエストロとともに舞台を作り上げたことのある、信頼をおいているキャストだということ。

「声高に、アピールする」ということは全くしない、マエストロ。
そんなマエストロが、スペードの女王については、美しく、神秘的で、魔法のようで、情熱的で、冷淡で、狂気に満ち、最後は会場を熱狂と興奮の世界に誘う作品、とマエストロ自身がこの舞台にとらわれているかのような目で話してくださいました。
(それでも、スペードの女王の、ギリシャ神殿のような柱が効果的に使われた舞台セットに話が移ると、実はこの柱の間に挟まって抜けなくなってしまった歌手がいてね・・・ムフフ・・・聞きたいだろ!と、話し出し、取材陣がゲラゲラ笑う様子を嬉しそうに見ていましたよ!)
08 The Queen of Spades © photo by Davir Yusupov-Bolshoi.jpg
ボリショイ・オペラ日本公演の後は、ロシア・ナショナル管弦楽団の日本ツアーが予定されているプレトニョフ。「プレトニョフ・祭り」とも言っても過言ではないほど充実した音楽を存分にお聴きいただける機会を、どうぞお楽しみに。

posted by Japan Arts at 19:00 | ボリショイ・オペラ2009>キャスト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

メッセージ動画(3):アンドレイ・グリゴリエフ[ボリショイ・オペラ]

6月20日(土)「スペードの女王」でエレツキー公爵役を演じるアンドレイ・グリゴリエフの動画メッセージです。

親愛なる日本の聴衆の皆さん、こんにちは!
皆さんにお会いできる日を、心待ちしています。
私たちの公演が、皆さんに気に入っていただけることを祈っています。
そして何より、皆さんのご健康、シベリアのような、バイカル(湖)のような強靭な健康を、お祈りしています。
どうぞ私たちを待っていてください。もうすぐ、来日します!
posted by Japan Arts at 13:16 | ボリショイ・オペラ2009>キャスト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

歌手紹介(2):エカテリーナ・シチェルバチェンコ(ソプラノ)[ボリショイ・オペラ]

Shcherbachenko2.jpg清楚な、それでいて凛としたたたずまいでホテルのロビーに現れたシチェルバチェンコ。カードキーだけを持ちすっと立つ姿は、そこだけが光がさしていて、やはりボリショイ劇場でタチアーナを歌う人は違う・・・そう思いながら声をかけると、すぐにぱっとあたたかな笑顔!

愛する人とのすれ違いに苦しみながらも、真実の愛を見つけ貞節を守り続ける、ロシア人が今なお「永遠の女性の理想像」に挙げるタチアーナという役どころについて話していただいていると、だんだんシチェルバチェンコその人とタチアーナが同じ人のように思えてしまう・・・そんな素敵な魅力に溢れたソプラノ歌手でした。


さっそくタチアーナについて聞いてみると
「タチアーナは、誰からも理解されず、理解されようとも思っていません。むしろ、これから起きるであろうことへの期待の中で生きている、とても純粋で、ナイーブな女性です。そこで出会ったオネーギンに運命を感じるのですが、ふられ、数年かけて真の大人の女性へと成長します。」

ここまでは多くのソプラノ歌手が話してきたことですが、その後の言葉に、彼女のタチアーナへの深い洞察を知ることができます。

「成長していく中でタチアーナはオネーギンという人の内面、彼は運命の人でも、救世主でもなかったと気がつきます。人間の本質を見抜く、と同時にうわべだけの社交界でもいきていく術も身につけていきます。そんな中でも、彼女は自分が生まれながらに持っていた純真な心は失っていないのです。そしてその内に秘めた純粋で素朴な部分をオネーギンは再会した時に感じるのです。」
pari0039.jpg

そしてこの演出の最も独特なところは、タチアーナの伴侶であるグレーミン侯爵の描き方だそう。
「今までの演出は、グレーミン公は主役から一歩引いた役どころでしたが、今回のチェルニャコフの演出では、タチアーナとグレーミンが正に人生の伴侶であるということ、そして本当の強い絆で結ばれた夫婦である、と感じることができます。タチヤーナは、彼の前では、けして自分の感情を隠すことはできない。彼女はオネーギンに抱いたものとは違う、真実の愛をその中に見出しているのではないかと思うのです。」
pari0397.jpg
「エフゲニー・オネーギン」と聞くと、私たちの世界からはほど遠いストーリー、というイメージを抱きがちですが、実は人間の心の機微、愛の真実についてのストーリー。世界中で、どんな世の中になろうと私たちに何かを与えてくれる「作品」の力、そしてそれを圧倒的な素晴らしさで見せてくれるボリショイ劇場に、期待が高まります。

このインタビューは、昨年秋、テミルカーノフ率いるンクトペテルブルグ・フィルのソリストとして来日した際に行ったもの。ステージで聞いたシチェルバチェンコの透明な歌声に「ボリショイ・オペラ」での再来日に大きく期待を寄せたファンも多いと聞いています。
知的で、あたたかく、清楚なシチェルバチェンコが、舞台でどんなタチアーナを魅せてくれるのか。。。着実に一歩一歩ボリショイ劇場のプリマの道を歩んでいる彼女のオペラ・デビューをぜひお聴きください

posted by Japan Arts at 16:05 | ボリショイ・オペラ2009>キャスト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

メッセージ動画(2):ローマン・ムラヴィツキー[ボリショイ・オペラ]

前回歌手紹介をしたムラヴィツキーのメッセージ動画をお届けします!

ボリショイ劇場オペラ公演に、日本のみな様には是非足を運んでいただきたいと思います。
みな様とお会いできるのを、楽しみにしています。
私たちが持つロシアの魂のすべてを注ぐつもりです。そして、私たちが「スペードの女王」について知っていることをすべて語りたいと思います。
皆さん、どうぞお楽しみに!
posted by Japan Arts at 16:23 | ボリショイ・オペラ2009>キャスト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

歌手紹介(1):ローマン・ムラヴィツキー(テノール)[ボリショイ・オペラ]

Muravitsky1.jpg声に伸びがあり幅がるのでどんな役でも感情豊かに歌うムラヴィツキー。ボリショイ劇場には「トゥーランドット」のカラフ役で正式入団しました。
公演後のインタビューにも関わらず笑顔でどんな質問にも真面目に答えてくれました。
来日公演では「スペードの女王」でゲルマンを歌いますが、なんと、この役は前の演出から合わせると8年も歌っている役柄で、彼にとってはまさに「得意中の得意の役」といえるでしょう。
そんなベテランの彼でも今回の演出は「内面をさらけ出して、それを歌で現さなければいけないから他の演出に比べて特に難しいんです。」と言っています。 
どんな役に対しても研究し、自分なりの役作りをする彼は今回の新演出にも長い時間をかけて演出家のフォーキンと話し合いをしたり役の事を十分理解し“彼ならではのゲルマン像”をみせてくれます。
Spades_murabitsky.jpg


<「スペードの女王」第一幕より ゲルマンとリーザの運命的な出会いのシーン>
ゲルマン:ムラヴィツキー
リーザ:モノガローワ




「ラスト・シーンでご来場いただいた聴衆の皆さんに泣いていただけなければ、私がこの役を歌い、演じる意味がないと思います。」そう熱く語ってくれた彼のゲルマン役にご注目ください!!

レパートリー
「ボリス・ゴドゥノフ」の僭称者
「トスカ」のカヴァラドッシ
「トゥーランドット」のカラフ
「炎の天使」のアグリッパ
「カテリーナ・イズマイロヴァ」のセルゲイ  他

出演日
「スペードの女王」ゲルマン役:6月20日(土) 14時開演
「スペードの女王」の詳細はこちら

posted by Japan Arts at 15:29 | ボリショイ・オペラ2009>キャスト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。