2011年04月08日

励ましのメッセージ[メトロポリタン・オペラ(MET)]

週末、会場にて下記フライヤーを配布します。
Metは日本を応援しています。温かなメッセージも寄せてくれました。

“この度の大きな災害により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
メトロポリタン・オペラは、これまでの数々の日本公演を熱くご支援くださった、音楽への造詣の深い日本の観客の皆様に敬意を表すと共に、感謝申し上げます。皆様にとって大変に困難な日々に、私達カンパニーの友情の思いが皆様と共にありますことをお知らせいたします。”
Met_Viewing.jpg
※画像をクリックするとPDFでご覧頂けます。

また、好評だった特別番組が5/3に第2弾の放映決定!
5 月3 日(火・祝)午前11:30〜 テレビ東京
“豪華メトロポリタン・オペラの秘密

posted by Japan Arts at 20:21 | メトロポリタン・オペラ(MET)2011>NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

METニュースvol.2と来日記念アド・カード完成![メトロポリタン・オペラ(MET)]

MET、ジャパンツアーのニュースVol.2が完成しました!
各演目の見どころ、人物相関図もあり大変分かりやすい内容です。今回も読み応えたっぷり!
下記画像をクリックするとPDFでご覧いただけます。
news2_met.jpg

また、メトロポリタン・オペラ(MET)の来日を記念してアド・カードを作成しました。
豪華なデザイン3種類です。
カードの配布場所や入手方法などは後日、ブログにてお知らせいたします。
METadcard.jpg
posted by Japan Arts at 12:36 | メトロポリタン・オペラ(MET)2011>NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

カウフマン来日記念盤CDリリース第1弾[メトロポリタン・オペラ(MET)]

世界で一番旬なオペラ・スター!来日記念盤第1 弾!
〜情熱のテノール〜カウフマン・ヴェリズモ・アリアス〜
Verismo_Arias_Kaufmann.jpg
『2011 年、ついにカウフマンが8年ぶりに来日!』

ドイツ出身の正統派テノールとして、欧米で絶大な人気を誇るヨナス・カウフマン。最新アルバムはヴェリズモ・オペラのアリア集です。2011 年は8 年ぶりとなる来日が実現!6 月にメトロポリタン歌劇場、9 月にはボローニャ歌劇場とバイエルン国立歌劇場の来日公演にそれぞれ帯同、カルメンの準主役ドン・ホセやドン・カルロ、ローエングリンの主役を歌う予定です。
2011年1月26日発売 ¥2,800
詳しい情報はこちらから


≪来日情報≫
●メトロポリタン・オペラ(MET) 2011来日公演●
ヴェルディ:歌劇《ドン・カルロ》
ドン・カルロ:ヨナス・カウフマン、フィリッポII 世:ルネ・パーペ、
エリザベッタ:バルバラ・フリットリ 他
ジェイムズ・レヴァイン指揮メトロポリタン歌劇場管弦楽団・合唱団
2011 年6 月10 日、15 日、18 日
METの来日公演公式ホームページはこちらから
posted by Japan Arts at 12:39 | メトロポリタン・オペラ(MET)2011>NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

年明けのMETビューイングは新演出の「ドン・カルロ」で![メトロポリタン・オペラ]

メトロポリタン・オペラの最新公演を映画館で上映するMETライブビューイング。
1月8日(土)からはいよいよ《ドン・カルロ》の上映です。6月の来日公演とは異なる新演出版で、METの今シーズンの目玉作品!R・アラーニャ、S・キーンリーサイド 他、来日公演に匹敵する豪華キャストです。

来日公演前の予習として、ぜひ見比べてはいかが?
METライブビューイング《ドン・カルロ》のみどころ:
http://www.shochiku.co.jp/met/topics/info21.html
 
ドン・カルロの先行特別映像:
http://www.shochiku.co.jp/met/topics/info19.html

2011年来日公演の「ドン・カルロ」の詳細はこちら!
http://www.japanarts.co.jp/MET2011/program.htm#carlo

来日公演の『ドン・カルロ』は奇跡のキャスティングでお届け致します!
6月10日(金)18:00・15日(水)18:00・18日(土)15:00 NHKホール
 エリザベッタ:バルバラ・フリットリ
 エボリ公女:オルガ・ボロディナ
 ドン・カルロ:ヨナス・カウフマン
 ロドリーゴ:ディミトリ・ホロストフスキー
 フィリポU世:ルネ・パーペ

posted by Japan Arts at 11:09 | メトロポリタン・オペラ(MET)2011>NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月30日

METライブ・ビューイングに、ネトレプコ&クヴィエチェンのコンビで登場!

METビューイング3作品目はドニゼッティの「ドン・パスクワーレ」。
「ランメルモールのルチア」とは正反対のドタバタ劇が笑いを誘います。
主役のノリーナ役にアンナ・ネトレプコ、マラテスタ役にクヴィエチェンが扮します。2011年の来日公演では悲劇的な役をこなすネトレプコですが、「ドン・パスクワーレ」では老人をあの手この手で困らせるじゃじゃ馬娘を好演!
また、マリウシュ・クヴィエチェンは抜群の演技力と歌声で観客を魅了、ネトレプコといいコンビぶりを見せます。来日公演では「ラ・ボエーム」で画家のマルチェッロ役を、そして特別コンサートでもネトレプコと出演!旬で注目のバリトン歌手です。
2011年来日公演「特別コンサート」のチケットは残席が少なくなってきました!どうぞお早めに!

「ドン・パスクワーレ」のみどころ
http://www.shochiku.co.jp/met/topics/info17.html

「ドン・パスクワーレ」の先行映像
http://www.shochiku.co.jp/met/topics/info16.html
 
「メトロポリタン・オペラ 2011年来日公演」ネトレプコ&クヴィエチェンのコンビが出演!
http://www.japanarts.co.jp/MET2011/
 
『ラ・ボエーム』
6月8日(水)19:00 / 11日(土)15:00 / 17日(金)19:00 / 19日(日)19:00  NHKホール
ミミ:アンナ・ネトレプコ
マルチェッロ(画家):マリウシュ・クヴィエチェン

『特別コンサート』
6月14日(火)19:00サントリーホール
posted by Japan Arts at 17:35 | メトロポリタン・オペラ(MET)2011>NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

メトロポリタン・オペラ 2011 ジャパン・ツアー・ニュース Vol.1

2011年のジャパン・ツアーに関するニュースをお届けします!
Vol.1では世界中が注目するディーヴァ、ディアナ・ダムラウや世界を熱狂させるプリマドンナ、アンナ・ネトレプコなど豪華のキャスト陣を、たっぷりとご紹介!

▼画像をクリックするとPDFで内容をご覧頂けます!▼

operanew_met.jpg
posted by Japan Arts at 16:28 | メトロポリタン・オペラ(MET)2011>NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

ディアナ・ダムラウからメッセージ[メトロポリタン・オペラ(MET)]

昨夜、来年のメトロポリタン・オペラ公演「ランメルモールのルチア」に主演するディアナ・ダムラウに電話インタビューを行いました。
damrau_03photo.jpg
ダムラウは、先ごろ男の子を出産しました。
電話口のダムラウは、元気なはつらつとした様子で、私たちの質問に答えてくれた後、「MET日本公演に参加できて嬉しい。日本でのオペラ・デビューを心から楽しみにしています」とメッセージを寄せてくれました。
*電話インタビューは、11月末ごろから配布するオペラ・ニュースに掲載いたします。
ダムラウは、来年1月から舞台に復帰。
3月上旬にはMET「オリー伯爵」(新演出)の舞台稽古のためニューヨーク入りする予定です。
世界が注目するソプラノ、ディアナ・ダムラウ!
これからもニュースが入りましたら、こちらのブログでご報告いたします。乞うご期待!



ディアナ・ダムラウが出演する「ランメルモールのルチア」の公演日程
6月9日(木) 18:30  東京文化会館
6月12日(日) 15:00  東京文化会館
6月16日(木) 18:30  東京文化会館
6月19日(日) 12:00  東京文化会館


メトロポリタン・オペラ 日本公演の詳細は下記より
http://www.japanarts.co.jp/MET2011/

posted by Japan Arts at 11:40 | メトロポリタン・オペラ(MET)2011>NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

METライブビューイング2010-2011公開記念「メトロポリタン・オペラ徹底ガイド」が開講」[メトロポリタン・オペラ]

朝日カルチャーセンター新宿にて、METライブビューイング2010-2011公開記念「メトロポリタン・オペラ徹底ガイド」が開講されます。
この講座では、毎月上映される演目の封切前に、各演目の内容から歌手・演出・指揮者まで、オペラの聴きどころを楽しく解説いたします。
講座で楽しく予習して、METライブビューイングの魅力をより一層堪能してみてはいかがでしょう?
http://www.asahiculture-shinjuku.com/LES/detail.asp?CNO=89554&userflg=0

現在決定している前半6演目の講座の詳細は以下のとおりです。
10月18日(月) 講師:東条碩夫
ワーグナー 《ラインの黄金》(新演出)
ムソルグスキー 《ボリス・ゴドゥノフ》(新演出)

11月8日(月) 講師:石戸谷結子
ドニゼッティ 《ドン・パスクワ―レ》
ヴェルディ 《ドン・カルロ》(新演出)

12月13日(月) 講師:岸純信
プッチーニ 《西部の娘》
アダムズ 《ニクソン・イン・チャイナ》

日時:月曜日 13:00 ~ 14:30 全3回(各回ごとの申込みも可)
受講料(税込):
3回通し会員 8,820円  一般 10,710円(入会不要)
各1回 会員 2,940円  一般 3,570円(入会不要)

場所:新宿住友ビル7階 朝日カルチャーセンター (申込みは4階受付)
http://www.asahiculture-shinjuku.com/accessmap/

詳しくは朝日カルチャーセンター新宿(TEL: 03-3344-1945)までお問合わせください。

posted by Japan Arts at 13:27 | メトロポリタン・オペラ(MET)2011>NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

Metシーズン・オープニングを迎えNY中が熱気に![メトロポリタン・オペラ]

2010年9月27日ニューヨークのメトロポリタン劇場オープニングシーズンを迎えました。この日は超話題のロベール・ルパージュ新演出「ラインの黄金」で開幕。
RHEINGOLD_scene_5870a.jpg
<手前:ヴォータン役はブリン・ターフェル>

Metの日本公演公式Twitterでは現地へ出張したスタッフがリアルタイムにその様子をお伝えしました。
http://twitter.com/met_japan

オープニング・ナイトのレッドカーペッドにはハリウッド・スターなども来場し大変華やか。演出家や様々な来場者にインタビューをしたのはデボラ・ヴォイトでした。
http://www.metoperafamily.org/metopera/news/photos/gallery.aspx?id=12842

何と言ってもルパージュの斬新で大掛かりな舞台が今回の目玉の一つ。総重量45tという、あまりに巨大なセットのために舞台の補強工事をして臨みました。
早速、Metより舞台の写真が届きました。いくつかご紹介します。
RHEINGOLD_scene_9413a.jpg
RHEINGOLD_scene6561a.jpg
RHEINGOLD_scene_9288a.jpg
動く巨大なセット。歌手たちはワイヤーで宙吊りに動き回りながら歌います。

Met公式サイトでは、雨にも関わらずリンカーンセンターの広場に設けられた大型スクリーンの前で鑑賞するオペラ・ファンや、久々に指揮姿を披露したジェイムズ・レヴァインのカーテンコールの様子などご覧になれます。
_MG_0342bc.jpg
レヴァインは今シーズンがMetデビュー40周年。そして10年振りの日本公演という事もあり来日をとても楽しみにしているとのこと!
http://www.metoperafamily.org/metopera/news/photos/gallery.aspx?id=12882

とにかく、初日は大成功!NY中が熱気に包まれました。
この興奮の舞台はMetビューイングで11月6日よりお楽しみ頂けます。2011年来日公演前にMetのスペクタクルな舞台を体験してみては!
http://www.shochiku.co.jp/met/
 
NYがシーズン開幕で湧いている間に日本では2011年来日公演の先行販売が次々と始まっています。電話受付が開始したこともあり、F券はすでに完売!
会員でない方はジャパン・アーツぴあネット会員ですと即日登録可能です。10月15日の単券先行販売に間に合いますので、おすすめです!
https://my-ja.pia.jp/membmng/NT0202S02InitAction.do?entryStatus=0

写真はすべて Ken Howard/Metropolitan Opera
posted by Japan Arts at 12:48 | メトロポリタン・オペラ(MET)2011>NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

新しいフライヤーが完成しました。[メトロポリタン・オペラ(MET)]

豪華なフライヤーが完成しました!
チケットも9月下旬にいよいよセット券が発売となります。要チェック!!

下記画像をクリックするとPDFで内容をご覧いただけます。
↓↓チケット情報などの表面
newflyer_met.jpg

↓↓各演目の情報、裏面
flyer_met_ins1.jpg
posted by Japan Arts at 16:12 | メトロポリタン・オペラ(MET)2011>NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

スザンナ・フィリップスより動画メッセージ[メトロポリタン・オペラ2011]

プレイベントで素晴らしい歌声を披露したスザンナ・フィリップスより動画メッセージです。
posted by Japan Arts at 14:58 | メトロポリタン・オペラ(MET)2011>NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

ピーター・ゲルブ総裁より動画メッセージ[メトロポリタン・オペラ2011]

先日、記者会見で来日していたゲルブ総裁のメッセージ動画です。
posted by Japan Arts at 12:40 | メトロポリタン・オペラ(MET)2011>NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

KDDIオペラスペシャル【メトロポリタン・オペラ】記者会見 レポート

【KDDI presents メトロポリタン・オペラ プレイベント】のために来日したメトロポリタン・オペラ総裁ピーター・ゲルブ氏の記者会見が、6月25日に行われました。
2010_06_26-065.jpg
ゲルブ氏の他に、1997年からメトロポリタン・オペラ来日公演に絶大なるご理解と特別協賛をいただいているKDDI株式会社様を始め、招聘元・主催者などが登壇し、来年6月に、5年ぶり7度目の来日を果たす日本公演の概要が発表されました。
会見で行われたゲルブ総裁への質疑応答の中から一部をご紹介します。

Q:2011年の【メトロポリタン・オペラ】来日公演をとても楽しみにしています。今回のツアーのポイントをゲルブさんからご紹介いただけますか?
ゲルブ氏:来年、5年ぶりに日本公演はいろいろな意味で特別な意味があり、心待ちにしております。まず2010/2011シーズンは音楽監督ジェイムズ・レヴァイン氏のMetデビュー40周年にあたり、マエストロがちょうどデビューした日(6月5日)を名古屋の「ドン・カルロ」上演で祝うことができることを、とても嬉しく思っています。「40年」という歳月にわたってマエストロと歌劇場とが緊密な関係を築き続けるということは、劇場の個性を形づくってきたということですし、このような長きわたる信頼関係は、世界中を見回しても、歴史的にも稀有で貴重なことだと思っています。40年と言いますと、Metの歴史のおよそ1/3にあたるのですから!
40年前マエストロがメトロポリタン歌劇場管弦楽団を指揮した時、素晴らしいオーケストラとは言いがたい状態でした。それが今、国内だけではなく世界的にも誇れる、お客様にも満足していただけるオーケストラになりました。これはマエストロの献身なくしては成し遂げられたかったことで、私たちは敬愛の念を抱いております。
第二に、来年のツアーは「最強・最高のキャスティング」ができたことを、胸を張ってお伝えしたいと思います。オペラの上演を素晴らしいキャストなくして行うことは意味がない、と言っても過言ではなく、そういう意味でも今回のツアーは充分意義深いものだと思っております。
「ドン・カルロ」は、多くの実力のあるソリストを揃えなくては上演できないことはよく知られておりますが、今回のキャストは世界的にこれ以上のものは望めないのではないでしょうか?「ラ・ボエーム」のアンナ・ネトレプコ、「ドン・カルロ」のボロディナ、カウフマン、「ランメルモールのルチア」のダムラウと、世界でもっとも人気のある歌手たちが日本に集結し次々と舞台に立つことは、他に類を見ないものですね。その他にも、まだ日本では名前が知られていないかもしれませんが、「ボエーム」と「ルチア」に、ベチャワ、カレーヤという次の世代のスター歌手がダブルキャストで登場することはお客様を興奮させてくれるでしょうし、フリットリ、ホロストフスキー、パーぺ、ルチッチ、アブドラザコフ・・・Metではタイトルロールを歌っている歌手たちが、そろって登場することはニューヨークでもないことなのです。
2010_06_26-039.jpg
Q:2006年総裁に就任した時に目指していたことは、今の時点でどこまで達成できていて、どのような手ごたえを感じていらっしゃるか、そして今後どのような方向に進んでいかれるか、をお話いただけますでしょうか?
ゲルブ氏:私はMetの総裁になるにあたり「オペラに関心を持ってもらう」ということを、私自身の挑戦と位置づけました。そのために必要なことを「2つ」定め、劇場で発表いたしました。それは第一に、メトロポリタン・オペラ、ひいては世界のオペラ界、音楽界を活性化させること、第二に、今までオペラなどを楽しんだことがない方々がアクセスしやすくする、ということです。
活性化するために、私は世界的に活躍するトップの演出家の方々に参加していただき、新しいプロダクションを制作してきました。確かに昨今の経済危機による苦労はありましたが、それを乗り越え、オペラの世界に新しい時代を拓くことができているという手ごたえを感じています。そして、嬉しいことに素晴らしい作品を制作した演出家の方々が、またMetに戻ってきたい、とおっしゃってくださっています。
第二の芸術にアクセスしやすくするという点についても、私は非常に重要で不可欠なことだと思っています。そのためにタイムズ・スクエアでのパブリック・ビューイング(公開視聴)、リハーサルの公開、直前に割安のチケットを販売するラッシュ・チケットのシステム、現代美術展との提携、24時間Metを聴くことができるというラジオ番組、そしてMETライブビューイングなどを行ってきました。そのことによって、アメリカ国内だけではなく世界中にMetに親しみと関心を持ってもらうことに成功したと思っています。
どのような方向に向かっているか、ということですが、私たちは新鮮な形でオペラを楽しんでいただくために失敗を恐れず常に前進していきたいと思っています。2010/2011シーズンは9月27日ロベール・ルパージュ演出の「ラインの黄金」で開幕します。つい先月、ルパージュの演出で45トンの舞台装置を置くためにMetの床に鉄を入れて補強工事を施したところです!この演出は日本では数週間後にMETライブビューイングでご覧いただけますのでどうぞご期待ください。

Q:ゲルブ氏が就任してからメトロポリタン・オペラの来場者の平均年齢が下がったとのことですが・・・。
ゲルブ氏:ひとつ誤解のないように申し上げたいのですが、私は新しいお客さまにMetにいらして欲しいと願っていますが、今までのベテランのファンの方々をないがしろにしているわけでは決してありません。私たちのような非営利団体で、運営を多くの寄付金に頼っている劇場としましては、Metを長年にわたり支援してくださるパトロンの存在を欠かすことはできません。生涯をかけてMetを愛してくださっている方々とともに、新しいプロダクションに挑戦し、世間とつながり続けていっていただきたいと思っています。
また、私は新しいことにも多く挑戦していますが、歴史からも多くを学んでおります。例えば、かつてMetのラジオ放送を、家族やコミュニティで楽しみに聴いていました。そのことは、今の24時間のラジオ番組と、ライブビューイングでその機会を作り出すということの大きなヒントになっています。
平均年齢について、最近はそのような調査はしておりませんが、2010/11シーズンには行う予定ですので、来年来日したときにご報告させていただけると思います。

Q:最後にレヴァイン氏の体調はいかがでしょうか?
ゲルブ氏:ご存知かもしれませんが、マエストロ・レヴァインは4月に背中の手術を行いました。その後、毎週のようにマエストロにお会いしていますが、とてもお元気で順調に回復への道をまっしぐらに進んでいらっしゃいます。今年マエストロはタングルウッド音楽祭をお休みします。それは先ほどもお話しました9月のオープニング「ラインの黄金」、そしてMetデビュー40周年のシーズンに万全を期して臨みたいという理由からなのです。

P6250807.jpg

KDDIオペラスペシャル【メトロポリタン・オペラ】のオフィシャル・ホームページに、公演概要、歌手たちのプロフィールなどをアップいたしました。こちらもぜひご覧ください。

Photo: 三浦 興一
      Japan Arts

posted by Japan Arts at 10:30 | メトロポリタン・オペラ(MET)2011>NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

公演日程発表![メトロポリタン・オペラ2011]

2011年5年振りに来日する「メトロポリタン・オペラ(通称Met)」の公演日程が決定致しました。また、新しいフライヤーも完成しました!

『ラ・ボエーム』
6月4日(土) 15:00 名古屋
6月8日(水) 19:00 東京
6月11日(土) 15:00 東京
6月17日(金) 19:00 東京
6月19日(日) 19:00 東京

BOHEME_Beczala_Netrebko_MG_6788.jpg
≪出演≫
ミミ(S):アンナ・ネトレプコ
ムゼッタ(S):スザンナ・フィリップス
ロドルフォ(T)詩人:ピョートル・ベチャワ/ジョセフ・カレーヤ
マルチェッロ(Br)画家:マリウシュ・クヴィエチェン
ショナール(Br):エドワード・パークス
コリーネ(B):ジョン・レリエ
ペノア&マルチンドロ(B):ポール・プリシュカ

『ドン・カルロ』
6月5日(日) 15:00 名古屋
6月10日(金) 18:00 東京
6月15日(水) 18:00 東京
6月18日(土) 15:00 東京

DON_CARLO_Act_III_scene_ii_504a.jpg
≪出演≫
エリザベッタ(S):バルバラ・フリットリ
エボリ公女(Ms):オルガ・ボロディナ
ドン・カルロ(T):ヨナス・カウフマン
ロドリーゴ(Br):ディミトリ・ホロストフスキー、
フィリッポII世(B):ルネ・パーペ
宗教裁判長(B):ステファン・コーツァン

『ランメルモールのルチア』
6月9日(木) 18:30 東京
6月12日(日) 15:00 東京
6月16日(木) 18:30 東京
6月19日(日) 12:00 東京

LUCIA_scene_8855a.jpg
≪出演≫
ルチア(S):ディアナ・ダムラウ
エドガルド(T):ジョセフ・カレーヤ/ピョートル・ベチャワ
エンリーコ(Br):ジェリコ・ルチッチ
ライモンド(B:イルダール・アブドラザコフ

フライヤーの画像をクリックするとPDFが起動しダウンロード頂けます。
flyer.jpg

≪メトロポリタン・オペラ2011日本公演≫
日本公演公式ホームページはこちらから

posted by Japan Arts at 15:45 | メトロポリタン・オペラ(MET)2011>NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

METライブビューイング、アンコール上映

大好評の『METライブビューイング』。2006〜2010年に上映された作品がアンコール上映されます。
2011年6月、来日公演を前に映画のスクリーンで絢爛豪華なメトロポリタン・オペラの世界に浸ってみては?
きっと生の舞台が観たくなるはずです!
met_vew_s.jpg
※画像をクリックするとMETライブビューイングの公式ページにジャンプします。
 上映スケジュールなどは公式ページから。
 ⇒http://www.shochiku.co.jp/met/

★METライブビューイングとは?
絢爛豪華なメトロポリタン・オペラ公演をダイナミックな音響と高品質なHD映像により、生の舞台そのままの魅力でスクリーン上映します。普段見られない舞台裏や歌手へのインタビューなど、得点映像も必見です。
posted by Japan Arts at 14:38 | メトロポリタン・オペラ(MET)2011>NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

METプレイベントの曲目が決定しました!

6月25日(金)に行われるプレイベントの「未来のスターコンサート」の曲目が決まりました!


「未来のスターコンサート」 Future Stars Concert
2010年6月25日(金)19時開演(18時開場)21時終演予定
東京オペラシティ コンサートホール(初台)
 

スザンナ・フィリップス(ソプラノ) &  ドミトリー・ピタス(テノール)
Susanna Phillips (soprano) & Dimitri Pittas (tenor)
クレイグ・テリー(ピアノ)
Craig Terry (piano)



≪曲目≫

G.プッチーニ(Giacomo Puccini)
歌劇「ラ・ボエーム」より Opera “La Boheme”


ムゼッタのワルツ ”私が街を歩くと” "Quando me n'vo soletta per la via"

ロドルフォのアリア ”冷たい手を” "Che gelida mania“

ロドルフォとミミの二重唱 "O soave fanciulla"


G.ドニゼッティ(Gaetano Donizetti)
歌劇「愛の妙薬」より Opera “L’elisir d’amore”


アディーナとネモリーノの二重唱 ”まぁしばらく俺の苦しみを” "Esulti pur la Barnara “

ネモリーノのアリア ”人知れぬ涙” "Una Furtiva Lagrima “


G.ドニゼッティ(Gaetano Donizetti)
歌劇「ランメルモールのルチア」より
Opera “Lucia di Lammermoor”


ルチアのアリア “あたりは静けさに包まれ” "Regnava nel silenzio “

ルチアとエドガルドの二重唱
“私は誓った、裏切られて死んだ父の墓に” 〜 “燃える吐息はそよ風にのって” "Sulla tomba ... Verranno a te“ 


※演奏者の希望により曲目が変更になる場合がございます。 Programs subject to change



プレイベントの応募など詳しい情報はこちら (応募締切:5/31)
posted by Japan Arts at 17:45 | メトロポリタン・オペラ(MET)2011>NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ご招待】METプレイベント 応募締切間近!

メトロポリタン・オペラ本公演の来日に先立ち、METが推薦するオペラ歌手による「未来のスターコンサート」が開催されることになりました。
新時代のスターと目されるふたりの実力派若手オペラ歌手がオペラ・アリアを披露するスペシャルなステージです。
またコンサートに先立ち、MET総裁のピーター・ゲルブ氏が来日し「Challenge & Change」と題した講演会も同日開催。
「クラシック界の変革者」と呼ばれるトップランナーが、日本の若い世代へ向けて熱いメッセージを送ります。

このイベントに、学生750名をご招待いたします。奮ってご応募下さい。

★応募方法など詳しい情報はこちらから!★

♪メトロポリタン・オペラ(MET)とは?
METphoto.jpg
ニューヨークにある世界最高のオペラ劇場。
5年に1度行われる来日公演は、その時の“旬のスター歌手”をそろえて行うため、「オペラ界のオリンピック」とでもいうべき注目を集めます。
(日本には2011年6月に来日する予定)

♪MET総裁ピーター・ゲルブ氏=オペラ界の変革者
10代の頃にメトロポリタン・オペラ(MET)の案内係のアルバイトをしたことから、ゲルブ氏のキャリアをスタート。その後、カラヤン、ホロヴィッツなど世界一流のアーティストを取り上げた番組のプロデューサーとして活躍した後、ソニー・クラシカル社長などを経て、2006年8月メトロポリタン・オペラ(MET)総裁に就任しました。
ピーター・ゲルブ氏は、今までにオペラを見たことがない、劇場に足を運んだことがない方々にもオペラの魅力を知って欲しいと様々な取り組みを行い、2008年には「タイム」誌で「世界でもっとも影響力のある100人」に選ばれています。
この「オペラ界の変革者」が、“Challenge & Change”と題した講演会を行い、その後でゲルブ氏がナヴィゲートしながら“未来のスターコンサート”を開催します。
このような学生を対象とした無料招待企画は、METが日本で初めて行うものです。
ぜひご参加ください!

posted by Japan Arts at 16:59 | メトロポリタン・オペラ(MET)2011>NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

ファビオ・ルイジ METの首席客演指揮者に就任!

ファビオ・ルイジがメトロポリタン・オペラ首席客演指揮者(Pricipal Guest Coductor)に就任することがメトロポリタン・オペラより発表されました。
luisiportraet5.jpg
このポジションにつく指揮者としては1998年〜2008年に任期にあったワレリー・ゲルギエフに次いで2人目となります。
ルイジは「この先数年に渡って継続的にメトロポリタン・オペラと仕事ができることは、私にとって大きな名誉です。このカンパニーのすべてが芸術的に最高レベルを満たしており、ともに音楽作りをすることが私とっての喜びです。」と話しています。
http://www.metoperafamily.org/metopera/news/news_flash.aspx
posted by Japan Arts at 11:35 | メトロポリタン・オペラ(MET)2011>NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。